副作用の危険性?マシュマロヴィーナスの対象年齢やピルとの併用!

投稿日:

マシュマロヴィーナスは女性ホルモンの機能へ働きかけてバストアップなどに効果が期待できるゼリータイプのサプリメントです。

女性ホルモンが関わるものなので、危険性がないのか使う前の注意点などもしっかりと確認しましょう。

マシュマロヴィーナスを危険性なく摂取する方法とは?

市販のバストアップサプリには「プエラリア」が含まれていることが原因で副作用があったという方がいます。
これは、摂取したからではなく「摂取方法」が間違っていたからなんです。
マシュマロヴィーナスを摂取するときも危険性がないように、しっかりと注意点を知っておきましょう。

マシュマロヴィーナスに年齢制限はあるの?

年齢に関して規則があるわけではないのですが、10代の利用は避け、成人以上の方におすすめします。

なぜかというと、10代の方はホルモンの分泌や身体機能も安定してません。

そのため、本来持っている女性ホルモンの分泌する機能低下につながる可能性があるためです。

マシュマロヴィーナスを食べてみたい10代の方へ

10代は女性ホルモンを分泌するための機能がまだ不安定です。

ですが、これからバストの成長できる可能性が残っているのです。

焦らずに、ホルモンバランスを自分で不安定にしてしまわずに成長を待ってみましょう。

マシュマロヴィーナスは生理中に摂取すると危険なの?

マシュマロヴィーナスは女性ホルモンの分泌を活発化する働きがあります。

「生理が始まる1週間~10日前」はエストロゲンの分泌が減少して、プロゲストロンの分泌が活性化するのです。

この時期にマシュマロヴィーナスを摂取してしまうとホルモンバランスが崩れ、副作用を起こしてしまう可能性があるのです。

生理前や生理中は摂取を控えると副作用のリスクを減らすことができます。

摂取すると効果アップできる時期もある!

「生理後から排卵日まで」は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活発になります。

いわゆる「やせ期」ともいわれる時期に摂取すると女性ホルモンの分泌を活性化することができるので、効果アップにも期待できます。

マシュマロヴィーナスの摂取を避けるタイミングと積極的に摂取するタイミングのどちらも意識して効率よく摂取しましょう。

マシュマロヴィーナスはピルと併用するのは危険なの?

マシュマロヴィーナスにはプエラリアにも含まれる植物性エストロゲンを配合しています。

ピルにもエストロゲンなどの成分が含まれているため、過剰摂取になる可能性があります。

一日あたりのプエラリア摂取量は400mgとされているため、マシュマロヴィーナスのプエラリア100mgを含めても過剰摂取にはならない場合があります。

不安な方は副作用のリスクを避けるためにもピルとの併用は控え、どちらも摂取したい方は成分の内容量などをわかった上で摂取しましょう。

ピルとの併用で副作用が起こった場合の症状

マシュマロヴィーナスをピルと併用して摂取すると、場合によっては「下痢や便秘、肌荒れ、胃の不快、不正出血、生理不順」になる場合があります。

薬じゃないと軽く考えず注意しながら安心して摂取する!

サプリメントとなると、薬ではないという軽い気持ちから、摂取すればするほど効果があるような気持ちになってしまいがちです。

食べるタイミングや摂取方法などを間違えるだけで副作用を起こす可能性まで関わってくるのです。

だからといって怖がって何もしないということではなく、正しく摂取して理想のバストに近づけるということが大切ですね。

-コラム

Copyright© マシュマロヴィーナスまとめ , 2017 All Rights Reserved.